雛祭りは、3月3日に雛人形を飾って女の子の健やかな成長を祈る行事です。「桃の節句」「上巳(じょうし)の節句」ともいいます。上巳とは旧暦3月の「上旬の巳の日」のことであり、中国では3月3日を上巳として、この日に水辺で身を清め不浄を祓う習慣がありました。これが平安時代に日本へ伝わり、日本の風習と混じり合って雛祭りへと発展したのです。
 現在の雛祭りからは考えにくいかもしれませんが、もともとは人の形に紙を切り抜いた形代(かたしろ)で身体を撫で、息を吹きかけたりして自分の罪穢を移し、川や海に流して清めるという祓(はらえ)の行事でした。この形代は時代が下るにつれ、いつしか王朝風の美しい雛人形へと変化し、人々に愛玩され鑑賞されるようになりました。こうして祓の風習は後退していきましたが、現在でも雛祭りの本来の意義を伝える習俗が、鳥取県をはじめ各地に「流し雛」という形で残されています。


 端午の節句は、5月5日に鯉のぼりをあげたり、武者人形を飾って男の子の健やかな成長を祈る行事です。端午の「端」は初め、「午」は五と同音であることから、古くは「月の初めの午(うま)の日」あるいは「毎月の五日」という意味もあったようです。中国では5月5日に蓬(よもぎ)で作った人形を家の戸口にかけたり、菖蒲酒(しょうぶざけ)を飲んだりして邪気を祓う風習がありました。蓬も菖蒲も共に強い芳香があることから、邪気を祓う魔除けの薬草とされていたのです。この風習が平安時代に日本へ伝わり、貴族からしだいに民間へと普及していきました。
 日本では、5月という月が田植えを間近に控えた「物忌(ものい)み月」であったことから、邪気を祓い身体を清めるために菖蒲酒を飲んだり菖蒲湯に入ったりしました。そして、この菖蒲が「尚武(しょうぶ)=武を尊ぶこと」と同音であることから、武家では男の子のお祝いとして甲冑(かっちゅう)や刀などを飾り、勇ましく成長することを祈ったのです。これが後に形を変えて武者人形飾りとなりました。また、鯉のぼりは滝を遡る力強い鯉にあやかったものとされています。現在では「子供の日」として国民の祝日にもなりました。


 日々の暮らしの中で知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過ち、心身の穢(けがれ)を祓い清め、無病息災を祈る神事を「大祓(おおはらえ)」といいます。これは毎年6月と12月の2回、その月の末日に行われます。6月の大祓を「夏越の祓」、12月の大祓を「年越の祓」ともいいます。平安時代の法典「延喜式(えんぎしき)」にも、6月と12月の大祓が記されており、古くから行われていたことがわかります。
 大祓では「形代(かたしろ)=紙を人の形に切り抜いたもの」に名前と年齢を書き、さらにその形代で身体を撫でて息を吹きかけます。そうすることにより、自分の罪穢を移し、それを海や川に流すことで我が身の代わりに清めてもらいます。
 また、神社によっては鳥居の下や拝殿の前などに茅(かや)で作った大きな輪を設け、それをくぐることで疫病や罪穢を祓う「茅(ち)の輪くぐり」が行われています。これは、「備後国風土記」に見られる、蘇民将来(そみんしょうらい)が茅の輪を疫病除けのしるしとした伝承に由来します。こうして心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。