PH 東京都神社庁
東京都神社庁は、東京都内にある1,398の神社を包括している組織です。
|祈|いのり|一都七県神社庁 神道
お伊勢さまと氏神さまのお神札をおまつりしましょう。 なつやすみ子供神社体験学習
東京島めぐり神社めぐり 憲法バナー お宮キッズ
神社参拝の作法をご説明する動画をYouTubeにて公開中です。ぜひご覧ください。
手水/拝礼の仕方を映像にてわかりやすくご案内しています。作法を覚えて、素敵なお参りをしましょう。
都内神社のご紹介
人生儀礼について
神棚をおまつりしましょう
氏神さまについて
参拝の作法
地鎮祭・上棟祭について
年中行事のご案内
ご社宝めぐり ご社宝の名称
  江戸時代には江戸・大坂・京都を中心に、幕府公認の「御免富(ごめんとみ)」(自社の維持・修復費用を得るための富興行)が各地の寺社境内で行われていました。
 このうち当神社には天保7年(1836)に境内で興行された御免富の富札(縦15.8センチ×横4.4センチの和紙)が伝来しています。表面には、組印「珠」、番号「七千弐百三拾八」、興行日「申二月廿一日」、興行主と場所「幸手不動院於杦(すぎ)森稲荷社頭興行」などの情報のほか、割印も押されています。
 尚、古文書や古記録をたどると、同神社では15回以上の御免富興行(自社での興行や幸手不動院などの受け入れ興行)が行われていたようです。区有形民俗文化財
【鎮座地】中央区日本橋堀留町1-10-2
ご社宝
写真  承平元年(931)ころの創建と伝わる。天慶3年(940)俵藤太秀郷が戦勝を祈願し、その報賽として白銀の狐像を奉納。くだって文正元年(1466)太田道灌雨乞いして霊験があり、大いに喜び稲荷山の大神を分霊して、椙森稲荷伍社大明神また相殿に恵比寿大神を祀る。江戸時代には江戸三森の一つに数えられ、諸大名の崇敬者も多かった。
宗教法人 東京都神社庁
〒107-0051 東京都港区元赤坂2-2-3
 TEL:03-3404-6525
※案内図はこちら